猫の飼い方猫の病気猫の習性

猫の餌〜キャットフードの選び方〜

猫画像 猫画像

猫の餌 > 他の食べ物はあげていいの? > 

食べると危険な物

目次 猫の餌−目次−

猫の餌 どのくらい餌をやるの? どのくらい餌をやるの? 猫の餌の回数 どのくらい餌をやるの? 猫の餌の量 どのくらい餌をやるの? 猫の肥満とその対策
猫の餌 どんな餌をやるの? どんな餌をやるの? 猫の餌の種類 どんな餌をやるの? 生後4週間まではミルク どんな餌をやるの? 生後1年までの子猫餌 どんな餌をやるの? 生後1年からの成猫の餌 どんな餌をやるの? 生後8年からの老猫の餌
猫の餌 他の食べ物は? 他の食べ物は? 人間の食べ物は? 他の食べ物は? ドックフードは? 他の食べ物は? 食べると危険な物
猫の餌 特殊な猫の餌 特殊な猫の餌 肥満猫用ライトフード 特殊な猫の餌 毛玉ケア用フード
猫の餌 その他の注意点 キャットフード 多頭飼いでの餌のあげ方 キャットフード 水にも気をつける キャットフード マグネシウム量について キャットフード 格安キャットフードについて キャットフード 必要以上に干渉しない
猫の餌 リンク リンク 猫の情報サイト リンク 猫のショップサイト リンク 厳選!情報サイト

解説 食べると危険な物

人間の食べ物の中には、猫にとって非常に有害な物があります。以下に上げる食べ物はその代表で、最悪命を落としてしまう危険性もある食べ物です。 誤って食べてしまうことがないよに注意してください。

ネギ・タマネギ
ネギ類は、猫の血液の赤血球を溶かしてしまうと言われています。猫にとっては、かなり有害な食べ物ですので少量でも絶対に与えないでください。

牛乳
昔は、哺乳期の子猫に牛乳を与えることがありましたが、猫にとっては消化しにくいものである事がわかりました。猫には猫用のミルクを与えてください。

にぼし・のり
猫はとても食いつきが良いですが、マグネシウムを多く含んでいるため、多量に摂取すると、泌尿器系の病気になりやすく注意が必要です。

塩分
猫に塩分は全く必要ありません。内臓に負担をかけるので与えないようにしましょう。特に人間用に味付された食品は、塩分が含まれていることが多く注意が必要です。




他の食べ物は? 人間の食べ物は? ・・・人間の食べ物をあげるときの注意点

他の食べ物は? ドックフードは? ・・・犬の餌と、猫の餌の違い

他の食べ物は? 食べると危険な物 ・・・食べると健康を損ねる可能性の高いもの


食べると危険な物 このページのTOP

他の食べ物は? 他の食べ物は?

猫の餌 ホーム

スポンサーリンク


サイトについて運営者情報商品の販売提供についてリンクについて

© best-link. All Rights Reserved
−presents by 猫の飼い方