猫の飼い方猫の病気猫の習性

猫の餌〜キャットフードの選び方〜

猫画像 猫画像

猫の餌 > どんな餌をやるの? > 

生後8年からの老猫の餌

目次 猫の餌−目次−

猫の餌 どのくらい餌をやるの? どのくらい餌をやるの? 猫の餌の回数 どのくらい餌をやるの? 猫の餌の量 どのくらい餌をやるの? 猫の肥満とその対策
猫の餌 どんな餌をやるの? どんな餌をやるの? 猫の餌の種類 どんな餌をやるの? 生後4週間まではミルク どんな餌をやるの? 生後1年までの子猫餌 どんな餌をやるの? 生後1年からの成猫の餌 どんな餌をやるの? 生後8年からの老猫の餌
猫の餌 他の食べ物は? 他の食べ物は? 人間の食べ物は? 他の食べ物は? ドックフードは? 他の食べ物は? 食べると危険な物
猫の餌 特殊な猫の餌 特殊な猫の餌 肥満猫用ライトフード 特殊な猫の餌 毛玉ケア用フード
猫の餌 その他の注意点 キャットフード 多頭飼いでの餌のあげ方 キャットフード 水にも気をつける キャットフード マグネシウム量について キャットフード 格安キャットフードについて キャットフード 必要以上に干渉しない
猫の餌 リンク リンク 猫の情報サイト リンク 猫のショップサイト リンク 厳選!情報サイト

解説 生後8年からの老猫の餌

生後8〜10年を過ぎると、猫は高齢期に入ります。猫も人間と同じように歳をとると、様々な病気を患いやすくなります。 早い段階での食事による健康管理を行いましょう。

まずキャットフードは、老猫用(シニア)に切り替えます。歳をとると運動量が減りお腹が空きにくくなるため、餌への食いつきが悪くなりますが、必要な栄養は与えていかなくてはいけません。 老猫用(シニア)キャットフードは、研究により歳をとった猫に必要な栄養素が含まれ、食べやすい味に作られています。猫によって老化の進行は違いますが、できるだけ早い段階で老猫用(シニア)キャットフード に切り替えるようにしてください。

さらに老化が進むと、歯やアゴの力が弱くなり、ドライフードを食べることが難しくなります。水でふやかして柔らかくするか、ウェットフードに切り替えましょう。 ウェットフードに切り替える場合は、栄養のバランスを考慮し、水でふやかして柔らかくしたドライフードを混ぜて与えると良いでしょう。




どんな餌をやるの? 猫の餌の種類 ・・・猫の餌の種類、メリット、デメリット

どんな餌をやるの? 生後4週間まではミルク ・・・生後間もない猫の餌

どんな餌をやるの? 生後1年までの子猫の餌 ・・・成長期の子猫の餌

どんな餌をやるの? 生後1年からの成猫の餌 ・・・健康な成猫の餌

どんな餌をやるの? 生後8年からの老猫の餌 ・・・年老いた猫の餌



生後8年からの老猫の餌 このページのTOP

どんな餌をやるの? どんな餌をやるの?

猫の餌 ホーム

スポンサーリンク


サイトについて運営者情報商品の販売提供についてリンクについて

© best-link. All Rights Reserved
−presents by 猫の飼い方